E10型 蒸気機関車 1948年に5両製造 全国に1両保存されています。

主要諸元

 全長 ?m 全高 ?m 総重量 102.1t 水槽 8t 石炭庫 4t 先・従輪径 860mm 動輪径 1250mm

 最大出力 ?ps 最高速度 ?km/h           製造所 汽車製造大阪工場


E10-2号機  場所 東京都青梅市勝沼 青梅鉄道公園内

車暦 1948汽車製造 1948庭坂~1949人吉~1950金沢~1957米原~1962大宮 廃車 保存開始?

状態 塗装は良好 外装諸装備・運転室内諸装備完備 室内良好 足回りもきれいに整備を受け、屋外に良好な状態で保

  存されている。  *前方にC11-1号機                撮影日2007/10/1・2008/5/15・2010/05/05

* 細部と刻印の再撮影をしましたので、再構成をしました。 撮影日 2012/4/28

* 本機が1955(S30)年当時、金沢機関区に所属し北陸本線等で活躍していた頃、僚機にはE10-1・3・4・5号機も所属して

 いた。E10型機全機が同機関区に配属されており、同機関区には8620型機5両・C57型機22両・D50型機2両・D51型機10両

 も配属されており、金沢機関区は北陸最大の車輌配置の機関区であった。その後各機は各地に転配属となった。本機以外では

 C57-5・46・76・95号機・D51-89・522・823号機が各地で静態保存されている。

* 本機はその後米原機関区に移動し活躍した後、保存の為に大宮機関区に移動後は廃車となり、当地に静態保存された。





自己プロフィール・撮影集話


                        最初の撮影地 ----- 姫路市御立交通公園  鹿児島県JR出水駅にて


○ 最後まで御覧頂きありがとうございました。                                                

○ プロフィール 名前 大山正風 1945(昭和20)年11月11日 愛媛県喜多郡内子町生まれ、愛媛県松山市鷹子町在住
 
 生涯を{放浪の俳人・種田山頭火}の顕彰に尽くし世に知らしめた、自由律俳人「大山澄太」の長男。愛媛県公立小中学校9

 校の教諭・2中学校の教頭・5小中学校の校長を歴任、元愛媛県埋蔵文化財調査センター初代調査課長。元日本考古学協

 会会員(若い頃より県内の数多くの考古遺跡の発掘に従事し、著名な遺跡としては上浮穴郡ー上黒岩岩陰遺跡・松山市ー

 来住廃寺遺跡・古照遺跡・道後湯築城址等) 趣味は一人ブラリ旅・美術・博物館巡り・海釣り・山歩き・木工作・写真(山・花)

 ・模型製作・CD鑑賞・野菜や草花栽培・パソコン等 退職後は静態保存機の整備活動にボランティアとして参加した。

◯ 退職後、念願のSL保存機撮影を計画し各号機の位置確認後、2007/5~2009/10/18で全国を回り474両を撮影した。

 計画立案・HP作成にあたり、「やまてつ」さんの膨大な資料を参考にさせていただきました。改めて御礼申し上げます。また、

 撮影に関しては各保存会の方々や各関係機関の方々にお世話になりました事を御礼申し上げます。

○ 8620型~E10型の生産機数は5,504両(私鉄受注製造を除く)を上回る。その中で電化に伴い廃車の運命から、幸運

 にも動態・静態保存されたのは470数両(個人所有は除く)ほどに過ぎない。それらも当初の保存の趣旨から、時間の経過

 により荒廃して解体の道をたどる機、心無い者の部品盗難に遭う機、保存会の方の整備を受け雄姿を保っている機、今も現

 役で線路上を疾走している機など、保存から35年以上経過しそれぞれの今があります。特に保存に向けて今も努力されて

 おられる方々の熱意に心を打たれました。

○ 私たちの世代は実際に蒸気機関車の引く客車に乗り旅をしたものでした。クロスヘッド・加減リンク・リターンクランクの軽

 快な動き・メイン・サイドロッド・車輪の重厚な動き・出発時の汽笛やドラフト・排気の音は今も記憶に残り、はるかな昔に思い

 を運びます。これらのSLがこれからも保存・維持され語り継がれる事を願い、このHPを作成しました。撮影した写真は2万枚

 枚を越えております。                                     HP文責 愛媛のkaze 2009/11/11

〇 2007/5から2年半をかけて、全国の保存SLを撮影してきましたが、その間に解体されてしまった数機(ソ連D51-25・26

 
号機、C58-122・328・418号機、58629号機、D51-157・620・764号機)、解体の危機から脱却し無事移転したのは

 (D51-409号機)、荒廃の中から見事に蘇った機(C56-149号機)、58629号機は残念ながら自分のカメラで写す事は

 叶いませんでしたが、他の機は記録として残す事ができました。残されている保存機が一機でも長く保存され、鉄道文化財と

 して引き継がれる事を切に願っております。                                     2010/04/01


     塗装整備以外でこの5年間で修復・整備活動を行った事例 ~は今後も継続整備予定

* 2012/07~11       和歌山県那智勝浦町 C58-353号機の整備に参加。
 「蘇ったC58-353号機」
 2013/04~07       愛知県あま市甚目寺町 D51-827号機の整備に参加 「D-51-827号機NO1~3」
* 2013/11~2014/05~ 愛媛県西条市 C57-44号機の整備。          「C57-44号機整備記録」N0-1~6
* 2014/09~2014/12~ 愛媛県喜多郡内子町 C12-231号機の整備。     「C12-231号機整備記録」NO-1~3
* 2014/09~         山口県新山陽市厚狭 D51-300号機の整備に参加。「D51-300号機整備記録」
* 2014/12~2015/12   広島県三次市 48650号機の整備に参加       「48650号機整備状況」NO-1
                                                       「48650号機整備状況」NO-2
* 2016/03~          岡山県笠岡市新山 井笠鉄道1号機の整備に参加   「井笠鉄道1号機整備状況」
* 2016/09~         山口県宇部市 D51-18号機の整備に参加       「D51-18号機整備状況」
* 2017/05~        福岡県直方市「直方汽車倶楽部」D51-10号機の整備に参加 D51-10号機訪問記

1070型   4100型   8620型   8700型   B20型   C10型   C11型A   C11型B   C12型   C50型   

C51型   C53型   C55型  C56型A   C56型B   C57型A   C57型B   C58型A  C58型B   C59型   

C60型   C61型   C62型   9600型A   9600型B   D50型    D51型1~   D51型100~  D51型200~  

D51型300~   D51型400~   D51型500~   D51型600~   D51型700~    D51型800~   D51型900~     

D51型1000~
   D51型その他    D52型      D60型     D61型

トップページに戻る


                                          

inserted by FC2 system