D60型蒸気機関車 1954~1955の間に78両製造 全国で4両保存されています。

主要諸元

 全長 17.24m 全高 3.95m 総重量 134.6t 水槽 20㎥ 石炭庫 8.4t 先・従輪径 860mm 動輪径 1400mm

 最大出力 1.510ps 最高速度 75km/h

 製造所 川崎重工兵庫工場・汽車製造大阪工場・日本車両名古屋工場・日立製作所笠戸工場・国鉄土崎・長野・浜松



D60-1号機(D50-162号機より改造) 場所 山口県山口市春日町 県立博物館

車暦 1927川崎車輌 1927奈良~1933吹田~1948福知山~1951国鉄浜松工場改造~津和野~1966廃車 1968保存開始

状態 塗装は普通だが腐食箇所有り 清缶剤挿入装置欠 他の外装諸装備良好 運転室内は速度計・両水面計欠 他の計器類

  良好 屋外保存であるが、足回りもきれいに整備を受けており、保存状態は良好である。 *大型集煙装置装着 
                                                        撮影日 2007/5/19・2008/8/23

* 分厚い塗装のために確認できた刻印は皆無でした。塗装もさらにカラフルになっていました。撮影日2010/12/18

* 本機の集煙装置は非常に大きく、鷹取工場式以前の敦賀機関区で使用されたものに類似しており、後藤工場式集煙装置

 と呼称されている。本機がD50-162号機から改造された国鉄浜松工場で装着されたか、その後後藤工場で装着されたのか

 定かではない。九州の吉松機関区に所属するD51型機にも同様の集煙装置が装着されている。残っている写真により、D60
 
 -11・14号機にも装着されていた事が判明している。

* 本機が1955(S30)年当時、津和野機関区に所属し山口線で活躍していたころ、僚機にはD60-2・3・4・5・6・7・8・9・
 
 10・11・12・13・14号機も所属していた。その後各機は各地に転配属された。


* 本機が1965(S40)年当時、津和野機関区(山口線管理所)では僚機はD60-4・5・6・7・8・10・11・13・14号機に交代

 所属していた。各機とも山口線で運用されていた。その後DL化に伴い各機は廃車・解体の経過をたどり、本機はD60型機の中

 で数少ない保存機である。

  








D60-27号機(D50-237号機より改造) 場所 福岡県八女郡立花町原島 町立体育館裏

車暦 1928日本車輌・・?・・1933小郡~1938直方~1952国鉄浜松工場改造~直方~1972直方 廃車 保存開始

状態 塗装は完全に退色し全体に錆び・腐食進行 全プレート・汽笛 外装諸装備も破損状態が見られるが一応装着 運転

  室窓ガラス欠 室内は速度計・両水面計は完備 他の計器類は装着するが針・ガラス欠 制動弁欠 室内は錆と粉塵に覆

  われ荒廃状態 屋外に屋根付きで保存されているが、整備された形跡は全く無く、荒廃に荒廃を重ねている状態であり、

  熊野市のC58-418号機(解体処分された)と並び最も荒廃の酷い状態である。    撮影日2008/7/11
* さらに荒廃が進み塗装も完全に剥げ落ち、ての付けられない状況になっています。 錆のため刻印は唯一右リターン
 クランクに存在しているのが確認できました。                        撮影日 2011/04/30

* 本機が1955(S30)年当時、直方機関区に所属し筑豊本線等で活躍していた頃、僚機にはD60-21・22・23・24・25・26

 28・31・32・33・34号機も所属していた。同機関区には8620型機2両・9600型機29両・D50型機9両も配属されており、ま

 さに石炭の町直方を象徴する機関区の状況であった。その後各機は各地に転配属された。本機以外では29611・49627号機

 D50-140号機が各地で静態保存されている。


* 本機が廃車になる直前の1971(S46)年当時の若松機関区には、僚機としてD60-22・25・26・28・31・32・33・34・46・

 52・57・58・61・62・63・67・69・71号機も所属しており、同機関区には9600型機17両・C11型機3両も配属されていた。

 DD/DL化は目前に迫っていたが北部九州の地はまだまだ蒸気機関車が運用され活躍していた。しかし九州北部でもその立場

 を失い、早晩廃車・解体の道が決定されていた。本D60形式は京都梅小路蒸気機関車館にも保存されてなく、僅かに4両が保

 存されているに過ぎない。本機以外ではD60-46号機が福岡県飯塚市、61号機が福岡県遠賀郡芦屋町で静態保存されている。

 46号機も保存状態は良好とは言えず、貴重なD60型機が本機のような完全荒廃状態では復元したくても部品も恐らく入手は無

 理なのであろうし、如何ともし難い事なのかと嘆くばかりである。









D60-46号機(D50-157号機より改造)
  場所 福岡県飯塚市方島1丁目 勝盛公園内

車暦 1927川崎車輌・・東京局・・1933平~1953富良野~1954国鉄浜松工場改造~池田~1964出水~直方~1973若松
                                                                1974廃車・保存開始
状態 塗装は普通 前・後部ライト・清缶剤挿入装置欠 他の外装諸装備良好 運転室は速度計・シリンダー・空気・ブレーキ

  圧力計 両水面計欠 制動弁欠 操作・電気系統機器も損失が見られる。室内荒廃状態 屋外に屋根付きで保存されており、

  保存状態は普通である。                                       撮影日2007/5/31・2008/12/7

* 分厚い塗装と錆び・剥落により確認できた刻印は皆無でした。 撮影日 2011/05/01

* 本機が1955(S30)年当時、池田機関区に所属し根室本線・池北線で活躍していた頃、僚機にはD60-36・37・38・39・41

 42・43・44・45・56・57号機も所属していた。同機関区には8620型機3両・9600型機7両も配属されていた。その後各機は各

 地に転配属された。本機以外では48624号機・59609・59672号機が各地で静態保存されている。

* 本機が廃車になる直前の1971(S46)年当時の若松機関区には、僚機としてD60-22・25・26・27・28・31・32・33・34・

 52・57・58・61・62・63・67・69・71号機も所属しており、同機関区には9600型機17両・C11型機3両も配属されていた。

 DD/DL化は目前に迫っていたが北部九州の地はまだまだ蒸気機関車が運用され活躍していた。しかし九州北部でもその立場

 を失い、早晩廃車・解体の道が決定されていた。本D60形式は京都梅小路蒸気機関車館にも保存されてなく、僅かに4両が保

 存されているに過ぎない。本機以外ではD60-27号機が福岡県八女郡立花町、、61号機が福岡県遠賀郡芦屋町で静態保存さ

 れている。









D60-61号機(D50-282号機より改造 場所 福岡県遠賀郡芦屋町高浜町 児童公園内

車暦 1928汽車製造・・札幌局・・1933函館~1947岩見沢~1954国鉄浜松工場改造~大分~1970直方~1971若松~
                                                                1974廃車・保存開始
状態 塗装は普通 後部ライト球・ガラス欠 他の外装諸装備良好 運転室内金網遮断 室内は速度計・両水面計欠 他の計器

  類は装着するも文字盤・針欠 屋外に屋根付きで保存されており、保存状態は良好である。

                        *門鉄デフレクターK7型装着1964?国鉄小倉工場        撮影日 2007/5/31

* 再訪してみました。屋根は無くなっていましたが相変わらずの状態を保っていました。 撮影日 2009/10/17

* この度本機は「直方汽車倶楽部」の皆さんのご尽力で修理・修復され前面プレートも本来の位置に戻されました。修復
 される様子は「汽車倶楽部」のHPに詳しく記載されています。ただ、今回の修復を機に周囲にフェンスが廻らされ運転室
 への立ち入りは出来なくなっています。機会があれば出向きたいと思います。         2012/4/10

* きれいに整備化粧された本機に会いたくて再々訪問しました。本当に見違えるように美しくなっておりました。前回訪問
 時と比較するに前プレートが本来の位置に直されており見ごたえがある状態になっていました。錆び落としがロッド等もさ
 れた結果、解らなかった刻印も明確に判読できるようになっておりました。本当に「直方汽車倶楽部」の会員の皆さんのご
 努力の結果と感服いたしております。今回の作業の結果次の二点が判明いたしました。まず、左右の心向棒(ラジアス・ロッド)
 に本機の刻印と本機に改造される前の
D50-282号機の刻印が残っており、これは非常に珍しい事かと思います。次に
 左第二動輪と右第三動輪の軸ツバに
D6064の刻印が認められます。D60-64号機は1971年に直方機関区で廃車に
 なっています。本機と同時期に函館機関区、改造後は大分機関区~直方機関区とほぼ同時期に配属されておりますので、
 この間に本機に転用されたものと思われます。                            2012/5/5

* 本機が1955(S30)年当時、大分機関区に所属し九大本線・日豊本線・豊肥線で活躍していた頃、僚機にはD60-59・60・

 62・63・64・65・66・67・68号機も所属していた。同機関区には8620型機2両・9600型機1両・C51型機1両・C55型機23

 両・C58型機19両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではC55-52・53号機、C58-48・112

 277号機が各地で静態保存されている。

* 本機が廃車になる直前の1971(S46)年当時の若松機関区には、僚機としてD60-22・25・26・27・28・31・32・33・34・

 46・52・57・58・62・63・67・69・71号機も所属しており、同機関区には9600型機17両・C11型機3両も配属されていた。

 DD/DL化は目前に迫っていたが北部九州の地はまだまだ蒸気機関車が運用され活躍していた。しかし九州北部でもその立場

 を失い、早晩廃車・解体の道が決定されていた。本D60形式は京都梅小路蒸気機関車館にも保存されてなく、僅かに4両が保

 存されているに過ぎない。本機以外ではD60-27号機が福岡県八女郡立花町、46号機が福岡県飯塚市で静態保存されている。

* 本機は1974(S49)年6/6に筑豊本線、直方~若松間での「さよなら列車」をD51-49号機との重連で牽引した後、廃車と

 なり当地に保存された。




9600型       D50型        D51型1~      D51型100~      D51型200~       D51型300~

D51型400~    D51型500~    D51型600~     D51型700~      D51型800~       D51型900~

D51型1000~   D51型その他    D52型         D60型          D61型           E10型


                          トップページに戻る

inserted by FC2 system