D51型蒸気機関車 401号機〜499号機の20両を紹介します。



D51-401号機  場所 長野県須坂市小山 市立動物園内

車暦 1940日本車輌・・名古屋局・・1948長町〜1968大館〜1971木曽福島〜1973廃車・保存開始

状態 塗装は普通 清缶剤挿入装置欠 他の外装諸装備良好 運転室内給水ポンプ用圧力計欠 他の計器類・操作系統

  機器良好 室内良好 屋外に保存されているが、ロッド・主軸に油が拭かれて整備されており、良好な状態で保存されて

  いる。 *国鉄長野工場式集煙装置装着                            撮影日 2008/9/12

* 再訪してみました。前回と異なり金網で遮断されてはいますが運転席が見られるようになっていました。本機の刻印は
 元々小さく、磨き出されていた動輪・ロッド類もフィルム保護剤が風化し判読し難い状態になっていました。残念ながら動輪
 にはL・R以外の刻印はありませんでしたが、各部位には刻印が残されていました。左第三サイドロッド油壷には
D51883
 の刻印がありました。
D51-883号機は1968年に尻内(八戸)機関区で廃車になっています。本機が大館機関区に所属
 していた間か廃車後に盛岡工場で本機に転用されたのでしょう。刻印の場所から撮影できませんでしたが肉眼目視では、
 右第一サイドロッド油ツボに
D51800・第二サイドロッド油ツボにはD511007の刻印があり、第三サイドロッド油ツボに
 は
D5167の刻印が読み取れました。51-800号機は1972年に亀山機関区で廃車・D51-1007号機は1973年に奈良
 機関区で廃車・
D51-67号機は1968年に酒田機関区で廃車になっており、廃車後本機に転用されたのでしょう。しかし、
 
D51-800・1007号機との接点は無くどういう経緯で転用されたかは不明です。撮影日 2010/06/19・2011/05/26

* 本機が1955(S30)年当時、長町機関区に所属し東北本線等で活躍していた頃、僚機にはD51−39・42・43・61・183・

 233・344・354・452・453・455・456・457・563・614・625・626・692・796・869・900・1064・1073・1114・1136

 号機も所属していた。同機関区には9600型機9両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−

 452号機が東京都青梅市青梅筒同公園、453号機が千葉県柏市で静態保存されている。

* 本機が1968(S43)当時、大館機関区に所属し奥羽本線・花輪線で活躍していた頃、同型のD51−32・105・106・107・

 169・432・456・493・525・554・579・685・705・773・819・871・905・1079の18両が所属していたが、その後各地

 に転配属となり、1970以降順次廃車・解体の道をたどり、幸運にも保存されたのは本機のみである。

 * 本機が1973(S48)年当時、木曽福島機関区に所属し中央西線で活躍していた頃、僚機としてD51−152・172・192

  351・775・893・903・921・1001の各機も配属されていた。その後DL/電化に伴い廃車となったが、172号機は長野県

 松本市で、351号機は長野県木曽郡南木曽町で、775号機は長野県木曽JR木曽福島駅前で、921号機は長野県長野市

 篠ノ井で、1001号機は長野県千曲市でそれぞれ静態保存されている。本機は1968以降、大館・木曽福島機関区と渡り歩い

 たにもかかわらず、保存された強運な蒸気機関車である。









D51-402号機  場所 長野県飯田市扇町 児童公園内

車暦 1940日本車輌 1940米原〜1943水戸〜1958中津川〜1972廃車・保存開始

状態 塗装は普通だが錆び・剥離進行 清缶剤挿入装置欠 他の外装諸装備良好 運転室右窓枠・ガラス欠 室内計器は

  シリンダー・缶・暖房用圧力計は完備 他は文字盤・針欠状態 両水面計も外枠のみ ブレーキ制動弁・操作・電気系統

  機器の損失も多く荒廃状態 屋外保存であるが全体的には荒廃状態である。         撮影日2007/8/18 

* 再訪して見ました。以前と変わらない状況でしたが、テンダー側部が宣伝に使われていました。撮影日 2009/10/12

* 年末を迎え機体正面・左側にクリスマスのイルミネーションが施されていました。分厚い塗装が幾重にされ、錆びと
 ヒビで刻印の確認は3箇所のみでした。特に機体の変化はありませんでした。 撮影日 2010/12/11

* 1968年長野工場にて長野工場式集煙装置を装着した。

* 本機が1955(S30)年当時、水戸機関区に所属し常磐線等で活躍していた頃、僚機にはD51−72・74・94・165・363・

 411・447・515・594・629・640・641・648・651・742・786・806・807・873・896・898・913・915・1029・1041・

 1068・1085・1086・1090・1103・1104・1118・1149号機も所属しており、敦賀機関区に次ぐD51型機保有台数であり、

 同機関区にはC57型機8両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−165号機が富山県

 南砺市、515号機が茨城県水戸市、1085号機が和歌山県有田郡有田川町、1149号機が滋賀県犬上郡多賀町で静態保存

 されている。

* 本機が1972(S47)年当時、中津川機関区に所属し中央西線で活躍していた頃、僚機としてD51−101・125・200・238

 245・549・688・777・827・849・893・903の各機も配属されていた。その後電化に伴い廃車となったが、101号機は静岡

 県島田市で、125号機は千葉県船橋市で、200号機は京都の梅小路蒸気機関車館でSLスチーム号として動態保存、238号機

 は長野県木曽郡木祖村、245号機は長野県埴科郡坂城町、549号機は長野県長野市、688号機愛知県岡崎市、777号機は

 愛知県刈谷市で、849号機は愛知県豊田市でそれぞれ静態保存されている。









D51-403号機  場所 滋賀県栗東市手原3丁目 稲荷公園内

車暦 1940日本車輌 1940新津〜1942直江津〜1944長岡〜1950長野〜1966紀伊田辺〜1968奈良〜1973廃車 1974保存開始

状態 塗装は良好 外装諸装備・運転室内諸計器類完備 室内良好 メイン・サイドロッド・主軸に油が注されて整備され、

  屋外に屋根付きで良好な状態で保存されている。 *重油タンク装着          撮影日2007/8/16・2008/9/17

* 再再訪して見ました。相変わらずの状態でしたが、塗装がやや色あせし始めていました。  撮影日 2009/10/24

 刻印撮影の為四度目の訪れです。左右の先輪軸ツバにはD51249の刻印がありました。D51-249号機は1970年
 に稲沢第一機関区で廃車になっています。またシリンダーの空気弁は
C5544の刻印がありましたが左右反対に装着さ
 れています。C5544号機は1966年に和田山機関支区で廃車となっており、両機とも本機との接点が無く転用の経緯は
 不詳です。                                    撮影日 2010/07/17・2013/03/02


* 1953年長野工場にて缶上部に重油タンク・1968年鷹取工場にて集煙装置装着。

* 本機が1955(S30)年当時、長野機関区に所属し信越本線等で活躍していた頃、僚機にはD51−96・160・323・390・

 405・407・501・550・636・736・782・785・1026号機が所属していた。同機関区には8620型機4両・D50型機17両も

 配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−96号機が群馬県安中市、405号機が千葉県松

 戸市で静態保存されている。

* 本機が1969(S44)年当時、奈良運転所に所属し関西本線・奈良線・桜井線・片町線で活躍していた頃、僚機にはD51−211・

 253・463・614・625・654・691・832・835・882・885・934・940・1007・1013・1054号機も所属していた。また、C11型

 機4両、C58型機10両も配属されていた。機関車の移動が激しく1973年にはD51−254・463・499・614・831・882・885・

 906・934・940・944・1007・1045・1054号機に代わっている。その後DL化に伴い各機はさらに転配属、廃車・解体の経過を

 たどった。D51−211号機は兵庫県神戸市市、254号機は東京都杉並区、499号機は三重県津市、691号機は奈良県天理市、

 831号機は三重県伊賀市、882号機は大阪府茨木市、885号機は埼玉県深谷市で静態保存されている。









D51-405号機  場所 千葉県松戸市小金原1丁目 ユーカリ交通公園内

車暦 1940日本車輌 1940新津〜1944坂町〜長岡〜1950長野〜1966津和野〜1973山口線管理所 廃車 1974保存開始

状態 塗装は良好であるが、汽笛・安全弁・車輪まで黒塗り状態 後部ライト・プレート欠 他の外装諸装備良好 運転室内

  は速度計・右水面計を除き諸計器欠 制動・操作・電気系統機器は良好  屋外に屋根付きで保存されており、足回りも

  きれいに整備され良好な状態である。 撮影日 2007/10/21

* 再訪してみました。相変わらずきれいな状態で保存されています。   撮影日2009/5/3

* 分厚い塗装が繰り返されていますので。確認できた刻印は皆無でした。 撮影日 2011/9/25

* 1950年に長野工場で集煙装置・1958年に同工場で長野デフレクターN2型装着。

* 本機のデフレクターはいわゆる小工式デフと呼称されるものであるが、さらに正確には長野工場式デフレクター(デフレクター

 前縁から直下に支持棒が取り付けられている。デフの形が平行四辺形ではなく、小倉工場のK4型に近い)であり、同様なデフ

 はN1型(D51-135・136・405)・N2型(D51-62・95・109・197・281・324・396・405・473・501・708・735・824・

 862号機)にも見られ
る。

* 本機が1955(S30)年当時、長野機関区に所属し信越本線・篠ノ井線で活躍していた頃、僚機にはD51-96・160・323・

 390・403・407・501・550・636・736・782・785・1026号機も所属していた。また同機関区には8620型機4両・D50型

 機17両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51-96号機が群馬県安中市、403号機が滋

 賀県栗東市でそれぞれ静態保存されている。

* 本機が1971(S46)年当時、山口線管理所津和野運転支区に所属し山口線で活躍していた頃、僚機にはD51−194・278・

 407・550・581・612・720・753・1025・1041号機も所属していた。その後DL化に伴い各機は転配属、廃車・解体の経過を

 たどった。廃車後、本機以外ではD51−194号機が山口県鹿足郡津和野町、720号機が広島県安芸区で静態保存されている。









D51-408号機  場所 神奈川県川崎市多摩区 生田青少年科学館

車暦 1940日本車輌  1940富山〜1942広島第一〜1950国府津〜1951新鶴見〜1954品川〜1958田端〜1962大宮〜

    1969新鶴見〜1970廃車 1971保存開始

状態 塗装は良好 外装諸装備・運転室内諸計器類完備 室内良好 運転室内は見る事はできるが、アクリル板で遮断され

  ており立ち入りは出来ない。足回りもきれいに整備され、屋外保存であるが保存状態は良好である。 撮影日2008/5/15

* 本機が1955(S30)年当時、品川機関区に所属し東海道本線等で活躍していた頃、僚機にはD51−83・112・188・292・

 533号機も所属していた。同機関区には8620型機11両・C58型機3両も配属されていた。その後各機は電化に伴い各地に転

 配属された。

* 本機が1969(S44)年当時、新鶴見機関区に所属していた頃、僚機としてはD51−188・207・451・533・558・646・652・

 653・723・774・786・791・810・844・920の各機も所属していた。既に東海道本線はDL化・電化が進み、各機は品鶴線・高

 島線や各駅構内の入れ替え担当をしており、機関区内で駐機する機関車も増加していた。その後各機は転配属、廃車・解体の経

 過をたどった。廃車後、本機以外ではD51−451号機は東京都昭島市で、774号機は遠く離れた島根県出雲市で静態保存されて

 いる。









D51-409号機  場所 岐阜県美濃加茂市蜂屋町
             「kkヤマザキマザック美濃加茂製作所内 
                        旧場所 滋賀県湖南市平松 JR甲西駅前


車暦 1940日本車輌 1940富山〜1942静岡〜1944広島第一〜1948岡山〜1954新見〜1973浜田〜1975廃車
                                                                 1976保存開始
状態 塗装は退色し各所に錆び・剥離進行 後部ライト球・ガラス欠 他の外装諸装備良好 運転室内圧力計・水面計欠

  他の計器は良好 屋外に屋根付きで保存されているが、荒廃気味である。プレートはレプリカ? 撮影日2007/8/16

*駅前の駐車場拡大のため同機の撤去・移転が計画され、移転先を公募するという市の方針でその成り行きが心配されま
  したが、移転先がどうやら決まり解体の危機は脱した模様です。都市計画課の話では移転先が決定したら公表し、工事
  は秋口からの予定だそうです。保存がきまり何よりの事です。2008/7


*移転先は岐阜県美濃加茂市へ 工作機械メーカーに落札されたようです。 博物館を作る予定とか仔細は解かりません。

*2008/9/4にテンダー部が移送 9/24に本体が美濃加茂市の「ヤマザキ マザック」に移送されるそうです

* 中津川市の帰りに美濃加茂市に移転した本機の様子を見てきました。事前にヤマザキマザックに伺いますと「非公開であるが

 道路から見ることは出来る」との事でした。確かに立ち入り見学も不可で博物館構想も何時の事やら分らないそうで、当分は現

 状の状態で保存されるかと思います。会社入り口の右側(北)で西に向けて屋根付きで保存されていました。立ち入れないので

 双眼鏡で覗くと、綺麗に塗装されており前面・左シリンダー・左デフレクター・テンダー部各所の塗装剥落箇所や錆びは完全に修

 復されており、煙突の金モール・細銅管が新調されていました。メイン、サイドロッドやクロスヘッドの錆びもほとんど除去されてお

 りました。プレートは新調されたのではないでしょうか?(遠いのでよく判りません)

 敷地外からなら・・・・だろうと、望遠レンズで撮影してみました。甲西駅前と比較すると一目瞭然で良い状態と思いますが、かつて

 は公共の場に保存され自由に見ることができていた物であり、入札で落札し個人(会社)の所有となった事は理解できますが、非

 公開で立ち入り禁止と言うのは少々疑問に思うのですが、解体を免れ保存されている事を思えば・・・・博物館の完成を気長に待

 つしか方法はないのでしょうか・・・保存公開の在り方についてはやはり疑問は残りますね。
 撮影日 2009/4/26・2009/10/12

* 移転から3年が経過した現在でも、湖南市から落札し交わした約束の博物館建設はその動きは無い。さらに相変わら
 ず一般公開もされないし立ち入って見る事も出来ない。(関係者には見せているという情報もある)電話しても相変わらず
 「社外から眺める事はできます」という粗末な返事しかない。ふるさと収蔵館から引き取ったD51-947号機を、さらに整備
 し上屋を建設し直ちに一般公開をしている宇都宮市の「三和テッキKK」とは雲泥の差である。これは企業エゴでは無いの
 か?何か騙された感じでありSLフアンには裏切られた思いで一杯である。
  困っているから引き取ってやった。その時に引き取ったのだからこちらの物、どう扱おうが当社の勝手!まさに企業の経
 営者の資質がまる見えでは無いのか?元々本機は確かに状態が悪かったが誰でも自由に近づいて見る事が出来ていた。
 確かに解体を免れたのだから幸運ではあるが、引き取られたマザックの経営体質が悪かった。不運な機でもある。再度経
 営者に求めたい、博物館を約束通り建設を急ぐか、本機の一般公開をすべきであろう。会社の社会貢献・・・と言う言葉が
 虚しく聞こえる現状である。                                       2013/06記

* 本機が1966(S41)年に新見機関区に所属していた時期、新見機関区は山陰地方の拠点機関区であり、新見以西の地域を

 受け持ち所属するD51型機関車も多く、本機をはじめD51−216・220・236・256・329・376・386・392・422・438・481・

 488・490・524・651・665・677・746・797・838・861・877・937・1061の計25両が勢ぞろいしていた。しかし、DL化に

 伴いその後各機は各地に転配属になり、1970年以降次第に廃車・解体の道をたどり、幸運にも保存されることになったのは本

 機・422・481・488・838の5機であり、本機は滋賀から岐阜県美濃加茂市へ、481号機は福井県南条郡南越前町、422号機

 は広島県尾道市・488号機は島根県安来市、838号機は岡山県新見市井倉洞でそれぞれ静態保存されて今日に到っている。









D51-422号機  場所 広島県尾道市古浜町 古浜児童公園内

車暦 1940日本車輌・・新潟局・・1943長岡〜1946岡山〜1960米子〜1962新見〜1971廃車 1972保存開始

状態 塗装は普通だが各所に錆び・腐食進行 外装諸装備完備 運転室窓枠・ガラス欠 室内諸計器類の多くを損失し荒廃

  状態 屋外保存であるが、海が目の前にあり塩害もありロッド等に錆が浮き始めており、早急の整備が必要な機であり、

  保存状態はやや荒廃状態といえる。                                     撮影日2007/7/27

* 1961年後藤工場にて集煙装置装着 1967年撮影の藤田氏の写真からも解る。

* 再訪してみました。変わらない状態で塗装の劣化と各部位に錆が出始めています。  撮影日 2009/11/1

* 唯一、左結びリンクに刻印が微かに残存していました。    撮影日 2011/06/12

* 本機が1955(S30)年当時、岡山機関区に所属し山陽本線で活躍していた頃、僚機にはD51−319・410・429・430・437・

 442・578・586・697・746・753・800・805・837・842号機も所属していた。同機関区には9600型機3両・C50型機7両・

 C59型機11両・D50型機6両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−837号機が長野県

 駒ヶ根市、842号機が岡山県倉敷市で静態保存されている。

 
* 本機が1968(S43)年当時、新見機関区に所属し伯備線・芸備線・姫新線で活躍していた頃、僚機にはD51−216・220・

 236・256・329・376・386・392・409・438・481・488・490・524・651・665・677・746・797・838・861・877・937

 1061号機も所属していた。また、C58−172・174・175・186・199・208・247・262281・293・314・360・403号機など

 が所属する大所帯であった。これは新見機関区が福知山以西の中国地方を受け持ち、山陰・山陽間の十字路であり伯備線・

 姫新線・芸備線さらに津山線や因美線も運用範囲であったからである。

 その後、DL化により各機は主にさらに西部の三次・長門・浜田機関区に移動し、順次廃車解体の道をたどった。この中で静態保

 存された幸運機はD51−409号機(滋賀県JR甲西駅前→岐阜県美濃加茂市へ)、481号機は福井県南条郡南越前町、488

 号機は島根県安来市、838号機は岡山県新見市井倉洞でそれぞれ保存されている。









D51-426号機  場所  埼玉県さいたま市大宮区 鉄道博物館

車暦 1940日本車輌 1940追分〜函館〜1945尻内〜1968厚狭〜1972廃車  保存開始?

状態 機関車の前頭部のみである。塗装は良好でヘッドライトが点灯する。鉄道博物館入り口のモニュメントとしての顔である。

* 本機が1955(S30)年当時、尻内(現八戸)機関区に所属し東北本線で活躍していた頃、僚機にはD51−31・159・340・

 358・377・378・471・553・757・762・870・883・884・1012号機も所属していた。同機関区には8620型機14両・D50

 型機3両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−159号機が北海道岩内郡岩内町、762

 号機が青森県八戸市で静態保存されている。

* 本機が1968年当時、厚狭機関区に所属し山陽本線で活躍していた頃、僚機にはD51−300・470・716・730・780・796・

 808・830・927・1091号機も所属していた。1971年にはD51型機は23両に増加し、長門機関区と並びD51型機の集結機関

 区であった。その後DL/電化により、各機はさらに転配属、廃車・解体の経過をたどった。本機以外ではD51−300号機が山口県

 山陽小野田市、470号機が岐阜県岐阜市で静態保存されている。









D51-428号機  場所 東京都大田区南雪谷5丁目 東調布公園内

車暦 1940日本車輌 1940青森〜1955長町〜1967新庄〜1968秋田〜1971新見〜1972廃車 1973保存開始

状態 塗装は良好 後部ライト欠(外枠のみ) 他の外装諸装備良好 運転室内両水面計・左ブレーキ圧力計欠 他の計器

  類は装着するも文字盤・針欠 足回りは整備されており屋外保存であるが、保存状態は普通である。撮影日2008/5/15

* 再訪しましたが、東日本大震災により地盤が下がった影響で、立ち入り禁止となっていました。 撮影日2011/9/27

* 本機が1955(S30)年当時、青森機関区に所属し東北本線・奥羽本線で活躍していた頃、僚機にはD51−107・155・161・

 186・416・427・462・464・474・489・494・752・756・1093号機も所属していた。同機関区には8620型機2両・9600

 型機22両・d50型機3両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−155号機が長野県塩尻

 市で、9667号機が茨城県高萩市で静態保存されている。

* 本機が1971(S46)年当時、新見機関区で活躍していた頃、まだ同機関区にはD51−195・409・422・481・488・774

 837・838・889・917の各機も所属していた。その後各機はDL化に伴いさらに各地に転配属、廃車・解体の経過をたどった。

 D51−195号機は鳥取県米子市で、409号機は滋賀県湖南市→岐阜県美濃加茂市、422号機は広島県尾道市、481号機は

 福井県南条郡南越前町、488号機は島根県安来市、774号機は島根県出雲市、837号機は長野県駒ヶ根市、838号機は岡

 山県新見市、889号機は岡山県総社市で、917号機は岡山県岡山市でそれぞれ静態保存されており、新見機関区に所属した

 D51型機で新見機関区や浜田機関区で廃車となった機関車の静態保存率は意外と高い。









D51-444号機  場所 北海道北見北進町5丁目 SL広場

車暦 1940汽車製造 1940長岡〜1951酒田〜1960小樽築港〜鷲別〜1973北見〜1975滝川〜1976廃車・保存開始

状態 塗装は普通 外装諸装備完備 運転室内諸計器類良好 屋外保存であるが足回りは整備されている。保存状態は

  普通である。  *前部にC58-119号機                                  撮影日2007/7/16 


* 4年ぶりの再訪問です。分厚い塗装のため明確に確認できた刻印は僅かでした。右ソケットにD51598の刻印
 があります。
D51-598号機は1974年に岩見沢第一機関区で廃車になっています。1968年に小樽築港機関区
 に配属後転用されたのでしょう。                           撮影日 2011/7/25

* デフレクター先端部カット・コの字型先端部手すり(左)・LP403大型ライト前後装着 国鉄苗穂工場改装

* 本機が1957(S32)年当時、酒田機関区に所属し羽越本線で活躍していた頃、僚機にはD51−38・67・80・195・248・

 261・487・576・681・907・931・933・1005・1007・1077・1098・1101・1133・1154号機も所属していた。同機関区

 には9600型機3両・C11型機3両・C51型機8両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−

 195号機が鳥取県米子市で静態保存されている。

* 本機が1971(S46)年当時、鷲別機関区に所属し室蘭本線・日高線で活躍していた頃、僚機にはD51-165・560・565・

 764・947・1052号機も所属していた。その後DL化に伴い各機は道央・道北へ転配属、廃車・解体の経過をたどった。D51−

 165号機は富山県南砺市、560号機は北海道室蘭市、565号機は北海道常呂郡佐呂間町、764号機は大阪府吹田市、947

 号機は北海道亀田郡七飯町→神奈川県足柄下郡箱根町、1052号機は北海道千歳市でそれぞれ静態保存されている。

* 本機が1974(S49)年当時北見機関区に所属し石北本線などで活躍していた頃、僚機にはD51-943・1008・1150号機・

 C58−33・98・331・390・395・418号機らも所属していた。その後1975年に相次いで廃車となったが、C58−33号機は

 道内斜里郡清里町で、C58−98号機は道内深川市で静態保存されている。








D51-451号機  場所 東京都昭島市東町5丁目 昭和公園内

車暦 1940汽車製造・・東京局・・1948白河〜1949宇都宮〜1955白河〜1967新鶴見〜1970廃車 1971保存開始

状態 塗装は退色し各所に錆び・腐食進行 後部ライト欠 他の外装諸装備良好 運転室窓ガラス・左水面計欠 他の計器

  類は装着するも外形のみで文字盤・針欠 屋外保存であるが整備はされておらず保存状態は荒廃気味である。
                                                             撮影日2007/10/18

* 再訪してみました。変わらない状態でしたが公開が中止されていました。 撮影日 2010/05/05

* 非公開は続いていますが表示の危険の意味が解りませんね。ただ錆びて腐食したから危険というのでは行政側の怠慢
 なのでは無いでしょうか?昭島市の本機に対する姿勢が読み取れます。ここも公園内であり動物も飼育されたりしており、
 野球場もあり広く青少年や市民の方々に親しまれている場所故に、このまま放置し、東村山市のD51-684号機と同様の
 運命をたどるのでしょうか? 分厚い塗装の為刻印を確認できた部位はありませんでした。  撮影日 2013/04/20

* 本機が1955(S30)年当時、白河機関区に所属し東北本線で活躍していた頃、僚機にはD51−75・113・194・509・580

 646・770・816号機が所属していた。同機関区にはC12型機3両・C61型機12両も配属されていた。その後各機は各地に転

 配属された。本機以外ではD51−75号機が新潟県上越市、113号機が青森県三沢市、194号機が島根県鹿足郡津和野町で、

 C61−19号機が鹿児島県霧島市で静態保存されている。

* 本機が1969(S44)年当時、新鶴見機関区に所属していた頃、僚機としてはD51−188・207・408・533・558・646・652・

 653・723・774・786・791・810・844・920の各機も所属していた。既に東海道本線はDL化・電化が進み、各機は品鶴線・高

 島線や各駅構内の入れ替え担当をしており、機関区内で駐機する機関車も増加していた。その後各機は転配属、廃車・解体の経

 過をたどった。廃車後、本機以外ではD51−408号機は神奈川県川崎市多摩区で、774号機が遠く離れた島根県出雲市で静態

 保存されている。








D51-452号機  場所 東京都青梅市勝沼 青梅鉄道公園内


車暦 1940汽車製造 1940原ノ町〜1950長町〜1966一ノ関〜青森〜1967竜華〜1972廃車・保存開始

状態 塗装は良好 後部ライト欠 他の外装諸装備良好 運転室内諸計器類完備 室内良好 足回りもきれいに整備され、

  屋外保存であるが良好な状態で保存されている。               撮影日 2007/10/18・2008/5/15

* 再再訪してみました。今回は足回りや刻印を撮影できました。 撮影日 2010/05/05

* 細部と刻印の再撮影をしましたので、前回の撮影分を含めて再構成しました。左右の先輪にはD51457の刻印が
 あります。
D51-457号機は1973年に青森機関区で廃車ですが、1940〜54年にかけて長町機関区に配属されて
 いますので、この間に転用されたのでしょうか。また左シリンダー部前蓋に
D51692の刻印があります。D51-692号機
 
は1972年に長門機関区で廃車ですが、1944〜66年まで長町機関区に配属されていましたので、この間に転用され
 たのでしょう。                                 撮影日 2012/4/28


* 本機が1955(S30)年当時、長町機関区に所属し東北本線等で活躍していた頃、僚機にはD51−39・42・43・61・183・

 233・344・354・401・453・455・456・457・563・614・625・626・692・796・869・900・1064・1073・1114・1136

 号機も所属していた。同機関区には9600型機9両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51−

 401号機が長野県須坂市、453号機が千葉県柏市で静態保存されている。


* 1967年に国鉄鷹取工場にて集煙装置・缶上部に重油タンク装着。

* 本機が1971(S46)年当時、竜華機関区に所属し関西本線で活躍していた頃、僚機にはD51−178・302・393・703・1045

 号機も所属していた。また、C58型機7両も配属されていた。その後DL化に伴い各機は転配属、廃車・解体の経過をたどった。

* 本機は1971(S46)11/28 関西本線の「さよなら柳生号」の牽引を果たした後、廃車となりその後青梅鉄道公園に静態

 保存機として搬送された。








D51-453号機  場所 千葉県柏市明原3丁目 柏西口第一公園内

車暦 1940汽車製造 1940原ノ町〜1948一ノ関〜1949長町〜1966一ノ関〜新庄〜1968鹿児島〜出水〜1970吉松〜
                                                                1974 廃車・保存開始
状態 塗装は退色し各所に錆び・腐食進行 外装諸装備完備 運転室内暖房用圧力計・両水面計欠 他の計器類は装着する

  も針欠 制動・操作・電気系統機器良好 屋外に保存されているが、最近の整備は見られず汚濁雫が目立ち始めている。  
                                                                撮影日2007/10/21

*再訪してみました。変わらない状態で保存されています。     撮影日 2009/5/3・2011/9/25

* 本機が1955(S30)年当時、長町機関区に所属し東北本線・常磐線で活躍していた頃、僚機にはD51−39・42・43・61・

 183・233・344・354・401・452・455・456・457・563・614・625・626・692・796・869・900・1064・1073・1114・

 1136号機も所属していた。同機関区には9600型機9両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外では

 D51−401号機が長野県須坂市で、452号機が東京都青梅市鉄道公園で静態保存されている

* 本機が1973(S48)年当時、吉松機関区に所属し肥薩線で活躍していた頃、僚機にはD51−536・589・606・1038号機も

 所属していた。また、吉都線担当のC55型機2両・C57型機4両、湯前線・山野線担当のC56型機3両も配属されていた。DL化に

 伴い1973年以降各機は、廃車・解体の経過をたどった。本機以外では、C55−2・C56−111・135・C57−151号機が各地で

 静態保存されている。当地に由縁の薄い本機が保存された経緯は不詳である。



                D51-469号機〜499号機のページへ

       9600型       D50型       D51型1〜      D51型100〜      D51型200〜      D51型300〜

      D51型500〜    D51型600〜   D51型700〜    D51型800〜      D51型900〜      D51型1000〜

       D51型その他    D52型       D60型        D61型          E10型

                                  トップページに戻る


inserted by FC2 system