C59型蒸気機関車 1941~1947の間に174両製造 全国に3両保存されています

主要諸元

 全長 21.57m 全高 3.98m 総重量 134.6t 水槽 25㎥ 石炭庫 10.t 先・従輪径 860mm 動輪径 1750mm

 最大出力 1.702ps 最高速度 110km/h

 製造所 川崎重工兵庫工場・汽車製造大阪工場・日立製作所笠戸工場



C59-1号機  場所 福岡県北九州市門司区 九州鉄道記念館


車暦 1941汽車製造 1941名古屋~1953姫路第二~1956門司港~1962熊本~1965廃車 2003~九州鉄道記念館

状態 塗装は極上の磨き上げ 外装諸装備・運転室内諸計器類はシリンダー圧力計以外完備 室内良好 屋外に屋根付

  きで保存されているが、全国の保存機の中でここまで磨き上げた蒸気機関車は無い。その余りにも美しい状態に感嘆。 
                                                               撮影日2007/5/31

* 再訪してみました。相変わらず美しい状態でした。左サイトは車輪もロッドも錆が浮いていました。撮影日 2010/3/14

* 相変わらず美しい状態ですが、公式サイドは益々薄汚れた状態でありその差は余りにも違い過ぎであり、静態保存の
 意味を疑いたくなります。
  左第一先輪にはC5967の刻印があります。C59-67号機は1964年に広島機関区で廃車になっています。また左スベリ
 棒にはC597の刻印があります。C59-7号機は1967年に鳥栖機関区で廃車になっており、熊本機関区時代に転用された
 のでしょう。右スベリ棒にはC592の元印があります。C59-2号機は1964年に下関機関区で廃車ですが本機が門司港機
 関区時代に転用されたのでしょうか。また右第一先輪・結びリンクには元印がありますが判読不能です
。2012/9/29

* 本機が1955(S30)年当時、姫路第二機関区に所属し山陽本線で活躍していた頃、僚機にはC59-7・13・25・26・28

 30・36・37・60・71・75・89・90・101・102・103・116・176・179・180・182・184型機も所属しており、姫路第二機関

 区にはC59型機が23両集中配属されていた。その後各機は各地に転配属された。

* 本機が廃車になった1965(S40)年当時、熊本機関区に所属していたC59同型機はC59-30・31・74・95・104・119

 121・124・129・131の各機であり、C59型機の所属数としては多い方である。しかし1965以降順次廃車・解体の道をた

 どりC59型全174両でも保存されたのは僅かに3機のみである。

* 本機は1965(S40)年9/30に鹿児島本線、博多~熊本間の「さよなら列車・みずほ」を牽引した後、廃車になり国鉄小倉

 工場で保管されていたが、2003年に整備し直されて九州鉄道記念館に保存展示された経緯を持つ。








C59-161号機  場所 広島県広島市基町 こども科学館前

車暦 1946日立笠戸工場 1946下関~1958広島第二~1962下関~1964糸崎~1970廃車 1971保存開始

状態 塗装は普通 外装諸装備完備 運転室窓枠・ガラス欠 室内両水面計欠 その他の諸計器類は外形のみ装着 操作系統

 機器も損失 室内は荒廃気味 屋外保存であるが保存状態は普通である。              撮影日2007/8/4   

* 再訪してみました。変わらない状態で保存されていました。 撮影日 2010/3/14

* 刻印は何一つ残されていません。全国で僅か3機のC59型機の中では最も保存状態が悪いのが本機です。中国地方
 最大の都市であり、かつて広島第一・第二機関区を配した都市でもあり、世界的に著名な広島市の保存機としては何とか
 ならないのかという願いがあります。このまま放置し朽ち果てる過程をたどるのでしょうか? 撮影日 201106/12

* 本機が1955(S30)年当時、下関機関区に所属し山陽本線で活躍していた頃、僚機にはC59-72・91・97・99・123・131

 132・157・158・159・160・161・162・163・171・183・187・192・193・194号機も所属していた。同機関区には8620

 型機6両・D51型機9両も配属されていた。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51-768・813号機が静態保

 存されている。

* 本機が1969(S44年)当時、糸崎機関区に所属し呉線で活躍していた頃、僚機C59-162・164・166・190号機も所属して

 いた。また、C62型機8両・D51型機8両も所属していたが、電化により各機は転配属、廃車・解体の経過をたどった。C59-164

 号機は京都市梅小路蒸気機関車館で、C62-17号機は愛知県名古屋市で静態保存されている。C59-166号機は大阪府吹田

 市JR西日本研修センターで静態保存されていたが、2006/9に事情により解体されてしまった。 


* 本機は1970(S45)年9/30に呉線、糸崎~広島間の「さよなら列車(急行・安芸号)」を牽引した後、廃車となり当地に保存さ

 れた。









C59-164号機  場所 京都府京都市下京区 梅小路蒸気機関車館

車暦 1946日立笠戸工場 1946梅小路~1950糸崎~1971奈良~1972梅小路~1979廃車 静態保存

状態 塗装は良好 外装諸装備・運転室内諸計器類完備 操作・電気系統機器も完備 室内良好 常時整備され扇形展示場

  の定位置に良好な状態で保存されている。                撮影日2007/5/18・2010/1/30

* 左第一動輪にはC6249の元印が判読されます。C62-49号機は1968に平機関区で廃車となっており、転用の
 経緯は不詳です。また左第三動輪には
C591162の元印が存在する。 C59-162号機は1970年に糸崎機関区で
 廃車となっている。また特筆すべきことは、
第一先輪と第二先輪が入れ替わっている。また、第一先輪軸ツバには
 
C59108・第二先輪軸軸ツバにはC59106の刻印が認められる。C59-106号機は1963年に糸崎機関区で廃車
 になっている。本機が1950年に糸崎機関区で先輪をスポーク車輪に交換した時期に
C59-106号機も糸崎機関区
 に配属されており、この時期に交換転用された可能性が高い。
C59-108号機は1963年に門司港機関区で廃車に
 なっているが、1948年から本機と同時に梅小路機関区に配属されており、この間に交換された可能性が高い。また、
 左スベリ棒後端部には
C571?またはC571?4の元印も存在しC57型機からの転用が伺われる。車歴からはC57
 104~194には該当せず、C57-15号機が1971年に梅小路機関区で廃車になっており、その可能性が大である。
 また、右ソケットには
C59175の元印、左第三動輪にはC59162の元印が認められる。C59-175号機は1966年
 に
C59-162号機は1970年に糸崎機関区で廃車になっているが、両機とも本機と同時期に配属されており糸崎機関
 区時代に転用されたのであろう。さらに新たに右第三動輪には
C6219の元印、更にC59182の旧印の存在が伺われ
 る。
C59-182号機は1961年に福島第一機関区で廃車、C62-19号機は1964年に仙台機関区で廃車になっており、
 その後本機に転用されたのでしょうか                          撮影日 2010/01/30

* 本機が1955(S30)年当時、糸崎機関区に所属し呉線で活躍していた頃、僚機C59-22・29・52・55・66・76・105・

 106・111・122・177・195号機も所属していた。同機関区には8620型機3両・D51型機10両・D52型機9両も配属されてい

 た。その後各機は各地に転配属された。本機以外ではD51-481号機が静態保存されている。

* 本機が1969(S44)年には僚機はC59-161・162・164・166・190号機に交代所属していた。また、C62型機8両・D51

 型機8両も所属していたが、電化により各機は転配属、廃車・解体の経過をたどった。C59-161号機は広島県広島市で、

 C62-17号機は愛知県名古屋市で静態保存されている。C59-166号機は大阪府吹田市JR西日本研修センターで静態保

 存されていたが、2006/9に事情により解体されてしまった。 

B20型へ  1080型へ  4100型へ  8620型Aへ 8620型Bへ 8720型へ  C10型へ  C11型Aへ  C11型Bへ  

C12型へ C50型へ C51型へ 
C53型へ  C55型へ C56型Aへ C56型Bへ C57型Aへ C57型Bへ C58型Aへ

C58型Bへ  C60型へ C61型へ 
C62型へ SL人吉号へ SL山口号へ SL磐越号へ  SL秩父へ SLみなかみ号へ


トップページに戻る

inserted by FC2 system